株式会社刺激LIFEというとアダルト教材のイメージが強いのですが、今回レビューする教材は恋愛テクニック系。

それだけでも珍しいのですが、本作では代表の長寺忠浩さんが登場されています。

それも、自らをブサイク中年と称して解説をされているのがとても興味深いところ。

ブサイクが可愛い女性をゲットする系のノウハウといえば恋愛界の巨匠、横山建さんが思い浮かびますが、それ以外だとあまり聞きませんね。

ブサイクだからモテないとか彼女ができないとは限らないと私は思いますが、そういうノウハウをイケメンが語っていたらどこか説得力に欠けると思いませんか?

ブサイクな男性が教えてこそ説得力があると常々思っていたので、今回の教材は入り口としてはまず好印象です。

ちなみに、ブサイクでもモテる人は沢山いますし、芸能人で言うと彼らあたりでしょうか。

それではいつものように、セールスレター(販売ページ)から見ていきましょう。

中年男が美女を虜にする(容赦なき戦略4ステップ) のセールスレター解剖

セールスレターを読んでみて、気になったのがこの記載事項。


期間限定で公開をしているという旨のことが書いてありますが、期間限定っていつからいつまでなのかが気になりますよね。

というわけでインフォトップの画面で調べてみたところ、この教材は発売されたのは2015年8月24日となっていました。


つまり、販売開始から既に9ヶ月の月日(2016年5月末現在)が流れているという計算になります。

期間限定詐欺とまでは言いませんが、期間限定を常に謳っておいて呼びこもうという魂胆が見え隠れしますね。

と、あまりこんなことばかり言うとただの意地悪になっちゃいますが、少なくとも、今すぐ買わないと販売終了になってしまうというわけではなさそうです。

他には、特に問題と思われるような箇所は見当たりませんでした。

ご自身の学生時代の写真や免許証の画像も貼られていて、何だか好感がもてましたね。

教材の概要に関して

今回の教材は、特設サイトで直接動画を見るか、もしくはダウンロードして閲覧する形式となっています。

これは好みの問題なので、好きな方で動画を見ればいいと思います。

スマホの場合はサイトで直接見るのがいいですね。

気になる収録時間ですが、3時間49分59秒(ビデオ本数:56本)という長編となっています。

動画教材としてもこれは結構長い方ではないでしょうか。

それでは、具体的なレビューと評価に入っていきましょう。

実はパクリであったことが判明??

と、やる気満々でレビューに入ったのですが、ひとつ大変残念なニュースが飛び込んできました。

ありすさんという有名女性レビュアーのブログを見ていると、今回の教材がもろパクリであることが判明してしまったのです。

該当の記述ですが・・・

「90日」の第1章では「ブサイクが美女を落とせない間違った習慣」として、14の習慣を解説してくれます。対する「中年男」は「非モテ男性が陥っている間違いパターン」として、13のパターンについて解説してくれます。このうち「90日」で解説されているの7番目の習慣以外、全て同じ内容です。

7番目の習慣に関しては「中年男」の販売ページ内で解説していますので、不要になったのだと思われます。

ちなみに、一字一句違わぬコピペではありません。文章の構成はそのままに、言い回しを変えています。例えば「90日」では、1つ目の項目に関する本文の流れが

恋愛本の研究でわかった恐ろしい事実
 ↓
モテる男はマメであるの真実
 ↓
ホストは必ず「マメ」

といった内容で進んでいきますが、「中年男」も同様に

恋愛本の研究でわかった恐ろしい事実
 ↓
『マメな男はモテる』のウソ
 ↓
ホストは必ず「マメ」

と、言い回しのみ変えられて、全く同じ流れで解説が進められていきます。

また、次の2つ目の項目についても、「90日」では著者の横山さんが好きな女優さんの家にセールスを仕掛けに行く、という例えが掲載されていますが、「中年男」でも著者の長寺さんが好きな女優さんの家にセールスを仕掛けに行く例えが掲載されています。この例えが出てくるまでの教材内の解説も、構成が同じです。

このように第一章だけをとってもパクリで、それ以外の章もすべてパクリであるということが書いてありました。

真偽を確かめるために私も、横山さんのブサヤリを読み返してみたのですが、やはり指摘されている通りでしたね。

非常に残念ではあります。。

ただせっかくレビュー記事を書いたので、この教材はこの教材としてしっかり感想を書いた上で、パクリということを踏まえて点数を付けていくことにします。

中年男が美女を虜にする(容赦なき戦略4ステップ) の本編レビュー

それではまず、第1章から個別に見ていきましょう。

■第1章 非モテ男性が陥っている間違いパターン

第1章では、非モテ男性がやりがちな13種類の行動や思考について解説されています。

ブサメンが上手くいかないのはそもそも、イケメン特有の恋愛ノウハウをそのまま実践しているからだということを力説されています。

これはいい視点ですね。

なぜなら、ブサイクな男性はまず外見が不利なので、人並み以上の努力や差別化した行動、妥協を余儀なくされるケースは多いと思うのに、男性の外見レベルを度外視した、画一的な恋愛マニュアルがほとんどな気がするからです。

この章で参考になったのは、

  • マメにしても好かれないのはなぜか?
  • 突然返信が遅くなったり返事が途絶える理由
  • 相手の好感度によってやるべきことが変わってくる事実
  • 聞き上手がモテると思い込み、質問をしまくってしまう事例
  • 初デートの誘い方で失敗してしまうパターン
  • 優しさや笑いがモテに必須だと思い込んでいるが、実は・・・。

このあたりの内容。

今では私のとって当たり前のことでも、昔を思い返してみると、この手の行動や思想を連発していたな~と思い返されました。

■第2章 ブサメンが美女を落とすための最強戦略

続いて2章では、容姿で劣るブサメンやおっさんが美女を落とすためのやり方が解説されています。

冒頭で長寺さんは、「イケメンは顔がいいというだけで油断をしていて、何の戦略も考えない」と語っていますが、個人的にはこれはちょっと乱暴な表現だなと思いましたね。

イケメンとかブサメンに関係なく、女性と仲良くなる方法とか落とし方とかって、研究してる人はしていますから。

確かにブサメンを対象とした教材ではあるものの、イケメンを落とすことはないんじゃないのかなとこの点は少し残念でした。

なお、ブサメンが美女を落とすための戦略についてはあまり具体的に語るとネタバレになってしまいますが、次のようなことが解説されています。

  • 自分を気に入ってくれる女性を最大化する方法
  • 相手に◯◯や◯◯を語らせることが超重要
  • 恋愛関係以外のネットワークの必要性
  • 好意レベル別のアプローチ方法
  • 食事やデートを誘うタイミングにはコツがある

ちょっと足りないなと思ったのは、第2章の中で、女性に本心を語らせるのが大事ということが語られているのすが、ではどうやって本心を語らせるのかという肝心の部分が掘り下げられていません。

長寺さんの丁寧な解説は好感がもてるのですが、基礎だけ解説されていて応用や実践編に乏しい感じがするのと、あとは長寺さん自身のエピソードの話がまったく出てこないので、この人本当にモテるの?と思ってしまいました。

■第3章 ゼロから好感度を上げていくテクニック

いかにして、初対面の状況で「この人気が合うな」、「安心できる」と思わせるかということが述べられています。

前半では、セールスマンのトークを参考に語られているのが非常に分かりやすいですね。

心理障壁を下げるために、

  • まずどんな話題で盛り上がればいいか
  • 女性の感情が動きやすいテーマを話す
  • ●●を引き出す

というのがが解説されています。

また、●●を引き出した後についつい多くの男性がやってしまいがちなこと、これもNGだと述べられています。

あとは、個人的にいいなと思ったのが、女性に8割話させるための具体的戦略のところ。

これは『人に好かれる会話術』でもまったく同じやり方が書かれていましたし、私もこの行動は必須であると思っています。

よく女性8:男性2の割合で会話をすればいいとは言われますが、じゃあどうすればその状態にもっていけるかという部分が抜けていることが多いです。

女性との仲を深めるためにまず大事なことは、質問をすることでは決してないんです。

それと、呼び捨てに変えるタイミング誘導トーク、これはこれで使えそうですね。

恋愛経験の少ない男性ほど、相手女性を名前で呼んだりするのが苦手な傾向にあるので、長寺さんの言っているやり方を取り入れるのもいいと思います。

他にも、女性に親近感を感じてもらうためにあえてすべき会話ネタであったり、笑いをとることのメリットの話など、女性との心理的距離を詰めるのにはいずれも有効だと思いました。

ただ笑いの取り方の事例テクニックの話がなかったのは残念なところ。

それと、どうしても納得いかない箇所も。

第3章でも引き続きイケメンへのディスり方が半端なく、例えば「イケメンは人の話を聞かない」と長寺さんは断言しているのですが、これはさすがに偏見もいいところでしょう。

イケメンの団体がもしあればクレームの嵐ではないしょうか(笑)

■第4章 好感度を上げた後にさらに仲良くなるテクニック

ここでのテクニックもなかなか面白いし、使えます。

  • 共通の第三者を◯◯◯◯で呼ぶ
  • ありきたりな優しさではなくギャップで勝負する
  • セックスで好感度を上げる

このあたりだと、やる男の方が少数派だと思うので差別化が図れると思います。

いきなりセックスの話に飛んでいるのは、ちょっと唐突感は感じましたが・・・(笑)

セックスに関しては、耳が痛いと感じる男性も多いのではないでしょうか。

■第5章 女性に誘いを断らせないテクニック

デートの誘いって、断られるのが怖くてなかなかできないという消極的な男性も意外と多いものなんです。

私も昔、そういう時期がありましたし誘うのにかなり勇気が必要でした。

ここでは、

  • 非イケメン向けのデートの誘い方
  • やってはいけない告白のやり方
  • ◯◯を限定してデートに誘う

といった誘い方告白の仕方が解説されています。

誘い方に関しては必ずしもこの通りではないと思ったのですが、告白に関して長寺さんが言っているNG告白のやり方というには確かに避けた方がいいと思いますし、女性によってはナシだと判断されますので注意したいところです。

■第6章 運命の彼女との出会い方

まず、多くの男性がやってしまいがちな恋愛における失敗パターンが解説されています。

純粋な男性、恋愛慣れしていない男性ほど舞い上がってしまい、こうなりやすいので注意です。

また、

  • 女友達、◯◯◯を作ることのメリット
  • おすすめの出会いスポット

についても話しています。

友達をつくることが出会いを増やし、彼女を作ることにつながるという着眼点はいいですね。

あと、長寺さん推しの出会いスポットは私は行ったことがないですが、自然な出会いではあるのでナンパとかが苦手な人にとってもいいかもしれません。

■第7章 運命の彼女との出会い方

いよいよ最後、第7章になります。

彼氏がいる女性を前にすると大抵の男性はテンションが下がり、引き下がってしまいます。

ここではそうならずに、彼氏の愚痴を引き出したり、女性にこんな人初めてと思わせるようなテクニックが解説されています。

詳細レビューは以上となります。

■総括

最後に総括をしていきましょう。

まず、この教材自体が横山建著『ブサヤリ』のパクリということが判明した以上、どうしても高評価を付けることはできません。

そもそも私は、長寺さん系の教材を一定以上に評価していただけに、今回の盗作というのは東京オリンピックのロゴ問題じゃないですが、ショックでした。

バレないとでも思ったのかもしれませんが、これだけ狭い業界です。あっという間でしょう。

また、これは教材の中身とは直接関係はないですが、動画がちょっと重い。。

動画は特設サイトで見る、もしくはダウンロードして見ることができるのですが、夜遅い時間とかだと特設サイト内で動画を再生しようとすると、結構重くて止まってしまうんですよね。

私の通信環境は光ファイバーなのですが、それでも止まることが多くちょっともどかしく感じました。

おっと、教材の中身にも触れておかないといけませんね。

内容としては、初心者向けなだけあって、恋愛初心者がやってしまいがちなマインド、LINE、デート会話などが詳しく解説されていて、恋愛という土俵に乗るために必要なことは最低限学べると思いました。

そのため、空気を読んで女性と接するという能力を身につけることに一役買うのではないでしょうか。

ただ、足りないなと思ったのが会話のノウハウ

会話教材ではないとはいえ、会話事例であったりデート会話の流れとかも恋愛初心者は知りたいだろうなと思いました。

あとは、ブサメンでもファッションを変えたり髪型を変えたりするだけで随分と印象が変わってフツメン寄りになるケースも多いと思うのですが、ブサメンに特化している教材の割にはそのあたりのノウハウがなかったのもマイナスです。

長寺さんがだらだらと語っているだけで、実録音声や実録動画、ご自身の体験談やエピソード等も出てこなかったのもマイナスですし、タイトルにある中年男に至ってはノウハウとは全然関係ありませんでしたね。中年男特有のアプローチ方法というのが一切なかったのが残念です。

と、全体的にちょっと突っ込みどころが案外多かった印象です。

次に当ブログ独自の採点結果です。

管理人による辛口採点

■販売ページの表現は適切か(8/10)

販売ページ自体は特に問題点はないように思いました。

■販売価格は妥当か?(7/10)

価格は高いとは思わなかったですが、この値段でこの教材であれば、著者の実録音声くらい欲しかったですね。

■非モテ男性でも再現できる内容か?(/10)

非モテ男性というかブサイクな男性向けに制作されたノウハウなので、この点は問題ないと感じます。

■他にはない独自性があるか(1/10)

横山建さんの教材をイメージしていたならまだしも、パクっていたということでここは1点とさせて頂きます。

■購入後のサポート体制は整っているか(1/10)

サポートなし。

これも手抜きというか、どうなんでしょうか。

この教材はC評価のため、特典は付きません。

またパクリ教材であったため、リンクもしませんのでどうかご了承ください。