藤堂亮也のQuick Judgmentってどうなの?

藤堂亮也のQuick Judgmentという恋愛教材が少し前に販売されて、私の知り合いからもちらほら噂を耳にしたので、私が実際にレビューをしておきたいと思います。

ちょっとオフィシャルな情報ではない可能性が高いので伏せ字にしておきますが、あの有名な恋愛マスター◯◯氏の弟子だと聞いたことがあります。

◯◯氏はこの業界では有名で、数々の恋愛・会話テクニック系の教材をリリースしてきた人物ですが、ここ数年はあまり表に出てこなくなり私も彼を見る機会が激減していました。

(◯◯氏が誰であるかは、セールスレターのデザインがそっくりなので見る人が見たらすぐにピンとくるのではないかと思います)

そんな折り、気付けば現れていたのが藤堂さん。

とまあ内部情的なことはいいとして、ここで藤堂亮也さんについて簡単に調べたことを記載しておきましょう。

藤堂亮也さんってどんな人?

藤堂さんですが、株式会社 YOROIという石川県能美(のみ)市にある会社の代表の方のようですね。

特商法を見たところ運営統括責任者の名前に藤堂亮也と名前があったので、おそらくこの名前は本名で間違いないと思います。

2014年から恋愛アドバイザーとして活動を開始し、恋愛教材のプロデュースをしたり、個別のコンサルティングをしてきたそうです。

とは言えこの教材に出会うまで私は彼の存在を知らなかったので、まだまだ新人の部類に当たるのではないでしょうか。

さて、教材の具体的なレビューを行っていく前に、少し気になった点があるので触れておきますね。

販売ページがどう考えても嘘くさい

下の画像(動画を切り取ったキャプチャ)を見てください。


これは教材の販売ページにある動画を画像保存したものなのですが、ここでは再生できないので教材販売ページにあるこの動画を再生してみて欲しいんです。

これは、藤堂さんの生徒さん(教材購入者)が、藤堂さんにマジギレするシーン。

でも、これがどう見てもやらせ臭いんです^^;

嘘だと思ったら確かめてみて欲しいんですが、劇団員の男性がキレるシーンを演じているようにしか見えませんでした。

あなたは、TBSのモニタリングという番組をご存知でしょうか?

一般人にドッキリを仕掛けるという内容なのですが、どう考えても素人の反応がおかしいという場面をよく見てきました。

怒っている男性の喋り口調が明らかに役者のような喋りだったり、ドッキリにかかる側の素人の反応が何か不自然だったり。

この動画でヤラセの疑いを暴露されています。

藤堂さんの動画も、私の眼にはどう見てもやらせにしか見えませんでした。

そして気になるのが、この動画がヤラセだとした場合、教材の中身自体もヤラセではないのかという部分ですよね。

これについては教材本編のレビューのところでもじっくりと語っていきたいと思いますので、それを読んだ上で「あり」か「なし」かというのをあなたなりにジャッジしてもらえればと思います。

また、

この方法に至るまで、僕は10年という長い月日と2,800万円という
膨大なお金を散財してきました。

今思えば、そんなお金があるなら「整形」したほうがマシでした(笑)

このような記述があったのですが、キャバクラに貢いでいたというのは書かれているのですが、それ以外一体何にそんなにつかったの?(笑)という疑問が素直に湧きましたね。

2,800万円って尋常なお金ではないので、デート代とか色々あるとは思うのですが、詳細が気になりました。

それと突っ込んでばかりで申し訳ないのですが、彼の実績について。

開発した私(36)が、3割属性の女ならば美女だろうが真面目女だろうが97%の確率で片っ端から即落としできるようになり・・・・・

97%というのがちょっと引っかかりました。

どこから出てきた数字?と(笑)

97%という数は100人実践しないと出てこない数字だと思うので、これがもし本当でデータをとっていたのだとしたら、100人の女性とデートをして97人の女性を落としたということになります。

う~~~~~ん、口下手の彼が本当の本当に97人もの女性を落としたのだろうかと思ってしまいましたね、決め付けはいけませんが。

あと3割の女性に効くということなのですが、3割の具体的な根拠が書いていないですね。

このように、中身以前の問題で販売ページ自体に突っ込みどころが満載なのですが、一番大事なのは内容ですよね。

というわけで、前段が長くなってしまいましたが詳しい解説をしていきましょう。

セミナー動画と実演動画について

全体的な構成ですが、本編は下記のようになっています。

【セミナー動画】

■PART1概要(10分33秒)
■PART2 フィルターをかける(14分55秒)
■PART3 自分の価値を高める(13分8秒)
■PART4 話を聞く(9分50秒)
■PART5 背伸びさせる(8分14秒)
■PART6 口説く、ホテル誘導(10分52秒)
■PART7 終わりに(39秒)

【実録動画】

■PART1 待ち合わせ(3分13秒)
■PART2 一次会(1)38分6秒
■PART3 一次会(2)33分22秒
■PART4 一次会(3)29分46秒
■PART5 一次会(4)29分3秒
■PART6 二次会(1)36分19秒
■PART7 二次会(2)37分33秒
■PART8 ホテルへ(3分54秒)
■PART9 実録解説(8分58秒)

購入者限定の動画閲覧サイトで見ることもできますし、ダウンロードしてパソコンで見ることもできます。

私の場合は直接サイト内で見ました。

内容としては、前半部分で藤堂氏が女性の心を開かせるための会話の流れ、ヒアリング方法について解説してくれています。

後半部分では彼が実際に街に出て、Quick Judgementのテクニックを実践しているものとなります。

まず、気になった点。

僕はこの10年間あらゆる恋愛教材を勉強し、
数え切れないくらいの アウトプットをしてきましたが、未だに女性との会話はおぼつかず、

男性どうしの会話ですらも詰まってしまい、うまくしゃべることができません。

販売ページ内でこのように書かれている通り、この人本当に恋愛講師?と思えるくらい、会話が決して上手とは言えないんですね。

少なくとも私は、この人から教わりたいとは思いませんでした(汗)

セミナー動画編の彼の喋りを見てもらえば、共感いただけると思います。

少なくとも女性をドンドン落としている感じはしなかったですし、出水聡さんや後藤孝規さんのような会話マスターと比べると便りなさを感じたというのが正直なところです。

横山建さんも会話上手だとはそこまで思わないのですが、彼のほうがまだうまいですね。

逆に言うと、ノウハウが本物であれば、それだけ口下手でも意中の女性を落とせるということで心強くもあるのですが…。

ターゲットとなる女性が限定される

これはレターにも書いてあることなのですが、「世の中の3割の女性に抜群な効果がある手法」ということなんです。

つまり、使える女性が限定されます。

あなたが今狙っている女性がいるとして、その女性には効果が期待できない方法かもしれないということです。

狙っている女性にこのテクニックを使いたい場合、事前に3割属性に入っているかを確認しておい方がいいかもしれないですね。

ではどんな女性に対して使えるのか、これは教材本編の中身にもなってくるのであまり暴露するわけにはいきませんが、販売ページにヒントが書いてありました。

占い師やスキューバのインストラクターがお客からすると神的存在になります。

その理由の核心、それは【甘え】です。

どちらも、教えを懇願してくる人間に対し、「先生的な立場」で誘導し、
道筋をたててあげることで、教えを懇願してきた人間はその人を神様だと錯覚する程、
依存してしまいます。

このテクニックを我々も女性に使っていくのです。

ただし、人に教えるような華やかなスキルも経験もない僕たちに、
教えを懇願するような女性はそうはいません。

しかし、フィルタリングで選んだ女性になら、「あることを聞くだけ」で、
心を開かせ、依存させることが可能になります。

・依存させる
・甘えさせる

これらが大事だというのが分かりますね。

では、依存させる、甘えさせるのに最適なのははどんなタイプの女性か?

これは上記を踏まえて、販売ページ内にある動画での女性の雰囲気を見てみると、何となくイメージがつかめるのではないでしょうか。

Quick Judgementは使えるのか?

さて、教材の核となるのが、販売ページでも説明されている、藤堂氏が開発されたとされるQuick Judgementです。

もう何となく想像は付いているかもしれませんが、Quick Judgementというのは3割属性の女性を依存させるための口下手男性でも再現可能なテクニックであり、主体としては傾聴がテーマとなっています。

女性の心の内側にあるものを暴き出し、心を不安定にさせ依存させていく。

そのためのテクニックです。

ですから、マシンガントークなんて一切必要ありませんし、冗談を言って笑わせたりする必要もありません。

会話術というとこの業界では後藤孝規さん木多崇将さんが有名ですが、彼らと比べても系統が明らかに違うと言えます。

どちらかと言うとカウンセラー的な立ち位置ですね。

なので、カウンセラーの人が相談者に対して言ってはいけないことや、すべき応対というのがこのテクニックでも使われます。

そして、相手の本音や悩みを引き出すためのトークも解説されているのですが、これはなかなか上手な言い回しだなと思いました。

女性の価値観を探るための例え話も、これは相手の属性関係なくなかなか盛り上がりそうな話題ですね。

Quick Judgementですが、会話の流れさえ把握しておけば、実践そのものはそこまで難しいやり方だとは思いません。

とは言え、相手がこちらの話に乗ってこない、自分のことについてさらけ出そうとしない場合は万事休すという気がしますね。

この場合の持って行き方が解説されていないのはちょっと気になりました。

藤堂さんとデートをしている女性はどちらかと言うとメンヘラ気質な女性のため、弱い部分を攻撃すればするほど依存する傾向にありますが、こうした女性は少数派だと思うんですね。

動画では藤堂さんが女性を落としてはいるが・・・

続いて実演動画編です。

実演動画では、待ち合わせから居酒屋までの道のり、居酒屋での会話、二次会でのカラオケ、そしてホテルへと女性を連れて行くまでの動画が収録されています。

まず気になるのは、やらせかどうかだと思います。

これは断定はできないのですが、実演動画の1つ目のところで待ち合わせシーンがあるのですが、ちょっとここに違和感を感じてしまいました。

「そこを待ち合わせ場所に指定する?」
「そこで待ち合わせしてすぐ相手に気付ける?」

といった疑問を私は抱いたのが正直なところです。

あと藤堂さんがちょっと頼りないのも気になりました。

自分で居酒屋を予約しておきながら、居酒屋の場所が分からずに女性で地図アプリか何かで調べてもらって何とか店にたどり着いています。

仮にも、動画撮影までしてるのに段取りが悪い人だなぁ・・・となよなよ系男子だと感じましたね。

まあ私も似たようなドン臭いところがあるので他人のことは言えませんが、だからこそ尚更そう感じたのです。

また、明らかに違和感を感じた見逃せない点が3つあります。

それは、居酒屋の中での会話の映像、カラオケ店内での2次会の映像もあるんですが、なぜかカメラが仕込まれているのです。

これがやらせでないとしたら、藤堂さんがあらかじめ居酒屋に早めに着いて、店内にカメラを仕込んでいたということになりますが、それならなんで店の場所を迷っていたんだという疑問が湧きます。

また、カラオケ店にもカメラが仕込まれていたのですが、居酒屋だけならまだしも、なぜ2軒目のカラオケにまで仕込まれていたのか、しかもどうやってその部屋に入れると分かったの?と疑問だらけとなってしまいました。

そして極めつけは、なぜか女性の顔にモザイクが一切かかっていない点です。

あとで女性に訴えられでもしたら相当なリスクですし、普通に考えたらモザイクくらいはかけると思うのですが、いかがでしょうか。

というわけでやらせではないと言うのには相当厳しいと言わざるをえないでしょう。

そうなると97%の女性を落としてきたというのは元より、実演動画に出てくる女性を本当に落としたのかというのは大いに疑問ではあります。

ただ、仮にやらせであったとしても、中で語られている心理誘導術や会話術が使えそうなものであれば、すべてを否定することはできないとも私は思うわけです。

女性本位の会話を学ぶことはできる

例えば、いかに喋り上手だとしても自分の話ばかりしていたら一発で女性に嫌われてしまいますよね。

この教材の中では、ある属性の女性に対して、

・奥底にある感情を吐き出させる
・過去トラウマ等を打ち明けさせる
・女性が本音を話しやすい土台作りができる

これらを身につけることができると思います。

なので使えなくはないです。

私も経験上、女性の食いつきが上がれば上がるほど、愚痴や悩みを話してくれるようになりますし、元カレの愚痴とかにしてもそうですが、向こうから一方的に話してきてこちらは聞くだけの状態になれば、相当心を開いている証拠だと言えるんです。

ただそれにしても、実演動画の中で藤堂さんは寡黙過ぎます。大人しすぎるんです。

逆に言えば彼のような大人しく口下手なタイプの男性でも実践できるということが言えるのかもしれませんが、もし合コンに彼がいたとしたら、おそらく空気のような存在でしょう。

「あ~、あんな人いたね」となってしまうのではないかと思います。

まあ今回のは合コン教材ではありませんが。

あと、やらせ疑惑についてもそうですが、心をなかなか開かない、本音を話したり過去の話をしたがらない女性だった場合の対処法というところに関しての解説がないので、そこはちょっと足りないなというのが私の感想ですね。

教材付属特典に関しても一言

教材には3つの特典が付属されています。

特典1.藤堂亮也の無料メールサポート(ご購後90日間)
特典2.藤堂亮也のLINE実録(PDF53ページ)
特典3.価値の高い男オーラの作り方(動画11分3秒)

メールサポートが90日間。

電話サポートやSkypeサポートであればもっといいのですが、最低限というところでしょうか。

90日間というのは決して長くはないですが、90日もあればある程度結果は出てくる(出ない人もいると思いますが)ので、これはよいかと思いました。

LINE実録やり取りについては、LINEで女性と続かないという人は参考にされているといいかと思います。

基本的なことにはなりますが、LINEの返信間隔、スタンプの使い方、デートの誘い方とかを勉強することができます。

藤森による率直な評価~通信簿~

いつものように、10段階評価でそれぞれ採点していきます。

■販売ページの表現は適切か(2/10)

既にレビューしている通りですが、私には販売ページが穴だらけに見えてしまいました。

Quick Judgementの解説以前の問題として、購入者との対談シーンや実演動画に関してヤラセや演出の可能性が大いに高いというのはいかがなものなのかというのが率直な想いです。

■販売価格は妥当か?(2/10)

販売価格ですが、レビュー執筆時点で22,800円となっています。

正直これだけの金額を出すのであれば、AMAZONで販売されているカウンセリング系や聞く技術系の一般書籍を買った方が手頃感もありますしいいと思います。

少なくとも22,800円出してまで手に入れて欲しいものではなかったですね。

■非モテ男性でも再現できる内容か?(4/10)

これについてですが、イケメンとかモテる男性にしか再現できないような内容ではありません。

口下手な男性でもできる内容だとは思ったのですが、著者いわく3割の女性に使えるテクニック=7割の女性には通用しないなので、ここは念頭に置いておかないといけません。

個人的には3割云々というよりも、使える女性かどうかを事前に見極めて、使える女性だけデートに誘うのって意外と難しいんじゃないかと思いました。

それも含めてQuick Judgementなのだとは思いますが、例えば出会い系や婚活サイトで出会った女性の場合、リアルで出会った女性と比べると属性とかキャラクターや性格の判別がしづらいように思うからです。

この部分の見極め方に関してもう少し掘り下げがあるとよかったですね。

他にはない独自性があるか(5/10)

独自性を感じるまでには至らなかったですね。

いかに話すかの会話テクニックではなく、いかに本音を引き出すかという切り口の教材はそんなに多くないとは言えると思いますが、突出したものはなかったという印象です。

購入後のサポート体制は整っているか(5/10)

一応メールサポートはあるのですが、他だと電話サポートとかがある会社もある(後藤孝規さんのICAなど)ので、これだけで高評価を付けることはちょっと難しいです。

その他では全額返金保証があり、この基準自体がかなり緩やかなのでここは評価していいと思います。

最終結論

36/100点

ごめんなさい、今回はC評価とさせてください。

なので、私からの特典はありません。

やはり私には、最初から抱いていたことなのですが、藤堂亮也さんって本当にモテるの?本当に97%の女性をその方法で落としてきたのかという疑問が最後まで消えませんでした。

弟子も成功させたと販売ページは書いてありますし弟子の実演動画もあるのですが、ヤラセ云々もありますが、そもそも弟子はイケメンですしね・・・。

なぜこんなイケメンを成功例として取り上げたのかも意味が分かりません。

「あのブサイクが」、「あの禿げたオッサンが」というような人物が口下手を克服して女性を落とせるようになったのならまだしも、そもそもがイケメンなので何の驚きもありません。

芸人で言えば、バナナマンの日村や出川哲朗がモテたら意外性がありますが、ピースの綾部やオリラジの藤森が女性からチヤホヤされても何の意外性もありませんよね。

と、今回は厳し目の評価になってしまいましたが、教材の販売者の立場だからこそ客観的に見れていない部分もあるのでは?と思ったので単刀直入にいかせていただきました。

以上のことからお勧めすることは到底できないのですが、今回の私のレビュー記事を読んで、女性に本音を話させるための質問や共感、傾聴に関して学ぶ機会に代えてもらえたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。